制作環境(PC環境,ZBrush,3D-COAT,FormWare3Dなど)

本記事は2019/12/01に書かれたもので、2021/11/06現在では当時の結論が実態に合わないものとなっていますので、ご注意の上でお読みください。

現時点でのGPU選択の結論は、 FormWare3DでのRADEON系の優位性はFormWare3Dのバージョンアップ(確認したのは1.0.3.7)でなくなり、総合的に見てGEFORCE系のGPUメモリ8GB以上を選ぶことで問題ないというものです。

 

フィギュアを製作する際のPC環境の話です。

私は最近、本格的にPC環境でフィギュア製作を開始しましたが、環境を構築するにあたって、いろいろ機材を交換しながらやっと、自分の納得できる環境を作ることができました。その内容がほかの製作者さんにも参考になるのではないかと思い、記事にしました。参考程度にお読みください。

まず、私の使用しているソフトですが、ZBrush、3D-COAT、FormWare3D、Shade3Dとなっています。まあ、ほかにもソフトは使っていますが主なものはこの4つで、これが環境構築としての悩みどころの出発点です。これらはある書籍など読めば載っているソフトウェアですから、皆さんも多くの方が同じ環境なのではないかと思います。

私の作業シーケンスも説明しなければなりません。

私の場合、最初にZBrushで大体3000万~4000万ポリゴンでモデリングして部分的にはポリゴン数を減らしますが・・・そのまま3D-COATにすべてインポートします。その時のパーツ解像度は細かいディテールのパーツで32x、その他は16xです。これをエクスポート時にポリゴン数を85%のぎりぎりまで削減して出力し、それをFormWare3Dへインポートします。FormWare3Dの保存サイズはPhotonプリンタへの出力サイズいっぱいに並べて大体400MB程度です。これが下記PC環境の前提です。

ソフトごとにPCリソースの使用傾向を簡単に説明すると、ZBrushはご存じの通り、CPUをガンガン使うタイプで、GPUなどこれっぽっちも使用しません。対して、3D-COAT、FormWare3D、Shade3D はGPUメインのソフトです。

 

ここでです。CPUはまあいいとして、問題はGPUなのです。

3D-COATはCUDAの設定がツールメニューにあるぐらいですから、GPUの中でもNVIDIA、いわゆるGEFORCE向けなのは間違いないでしょう。実際にGEFORCEの方がfpsが出ます。具体的には、GEFORCE GTX1080Tiが37fpsのとき、RADEON RX480が17fps。RADEON VIIが29fpsぐらい。このときRX480でも3D-COATそのものは私感ですが使用に差支えがありません。(厳密には、GEFORCE系はCUDAのスムースブーストが出来たりと作業ははかどりますが・・・)

対して、FormWare3DはGEFORCE、QUADROのいわゆるNVIDIA系と相性がさっぱりありません。具体的にはサポート生成時のモデルの回転から遅いですし、スライスを開始して第一段階でのスライス処理も良いGPUを積んでいるにもかかわらず、遅いです。 <<< 2021/11/06訂正開始。最新のFormWare3D1.0.3.7では、全てCPUに依存した処理に切り替わったようです。

 

ここからが本記事の本題です。

FormWare3DはRADEON系が速いのです。

私は昔からRADEON RX480を使っているのですが、この状態でFormWare3Dに限って言えば爆速で、全然不満がありません。CPUはその当時i7-7700Kでした。

ここからは、愚痴がこぼれるのですが、その後HPのワークステーションを購入し、標準で装着されていたQUADRO M2000の3D-COATの遅さに辟易してP4000に交換するもFormware3Dは変化がない。 CPUが遅いのでは?とE5-1620V4(4C8T3.5GHz)からE5-1660V4(8C16T3.2GHz)にするも変化がない。

ふと、元のPCのタスクマネージャーを見ると、RADEONの時だけGPUを活発に (パワー、メモリとも) 使用している様子。まさかとは思いましたが、HPのワークステーションにRADEON RX480を差したら爆速だったと。。。なんというオチ。なんという散財。。。みなさま、お気を付けください。2021/11/06訂正 終わり>>>

 

オチを付けたところで、2021/11/06現在の私のPC環境です。

1台目
CPU:i9-9900K(8C16T5.0GHz)
メモリ:64GB
GPU:RADEON RX480(8GB)

2台目
CPU:E5-2697A V4(16C32T2.6-3.6GHz)
メモリ:96GB
GPU:RADEON VII(16GB)

3台目
CPU:E5-2689V4(10C20T3.1-3.8GHz)
メモリ:64GB
GPU:QUADRO P6000(24GB)

上記、1台目はリストラされてます・・・(2021/02/07現在)

やっぱりですが3D-COATでのfpsはGEFORCEやQUADROの方がRADEON VIIより出ます。大体ですがQUADRO P4000ぐらいのスピードと同等ですね。3D-COATだけを考えるとGEFORCE GTX1080Tiが私が試した中では一番速いです。コスト的にも最強でしょう。が、FormWare3Dがカクカクしたり、スライスのスピードが遅くて使えないです。

このような状況から、優等生的なRADEON系が私のPC環境の中で残ることになりました。皆さんは散財しないようお気を付けください。

ここからはZBrush(CPU)の話です。

なお、CPUについてですが、メインのモデリングはZBrushなわけで、おすすめを説明しますと最低でも8コア(i9-9900K)あった方がよく、できれば12コア(RYZEN3900Xなど)あった方がもっと良いです。最初はライトなものをモデリングするので、4コア(私の場合i7-7700K)でも使えましたが、じきにZBrushファイルサイズが1GBをゆうに超えるものを作り始めます。その時に限界を感じるでしょう。単純にはポリゴン数を減らしながら作業すればよいのですが、そのままにしておきたいことが多々あって(勉強不足)、4000万ポリゴンとかになってくるとi9-9900Kでも悲鳴を上げ始めます。まあ、その時に投資するのでもよいのですが、最初の時点で良いマザーボードを選んでおく必要はあります・・・。

メモリの話です!

メモリといっても、メインメモリとGPUメモリの2つがあります。順に説明します。

まずメインメモリですが、最後には64GBが必要になると考えて、メモリスロットの空きを最初から作っておきましょう。最初は16GBから始めても良いです。ただし1枚のメモリで16GBです。おそらくすぐに限界を感じて32GB、48GB、64GBと4枚買うことになります。

そしてGPUのメモリですが、これも最低8GBモデルを選びましょう。3D-COAT、FormWare3DもGPUメモリをバカ食いします。特にFormWare3Dはポリゴン削減をしないと消費がひどいです。

おそらく、FormWare3Dは1つのPCに複数立ち上げて待っている間に並行して作業をすることになります。これもメインメモリ、GPUメモリを圧迫することになります。(2021/11/06現在ではこれも気にならなくなっています。)

最後に!!

なお、ここに書いていることをすべて鵜呑みにしないでください。あくまでも、私が散財した失敗談として掲載していますです。

余談:ワークステーションは必要か?

モデリングへの熱意(そのPCの使用時間ともいう)によると思います。朝から真夜中まで作業をするのであれば必要かもしれません。おすすめはHPですね。ただ、HPのワークステーションと自作PCの差を考えるに①メモリが128GB積める。②メインメモリへのクーリングファンが実装されている。③電源やトータル的な投資バランスが良い。④CPUのシングルスレッド性能は自作PCの方が高くでき、マルチスレッド性能はワークステーションの方が高くできる。などで、これらを1つ1つ考慮していくと、①は32GBメモリがnonECCでも出ています(要マザーボード仕様確認)ので4枚刺しで128GBですし、②はファンの風をメモリやチップセットに当たるようステーを設けて増設すれば済むことです。③も電源(seasonicとか)、マザーボード(GigaByte、Asusとか)など高品質なものを選べば良いと思います。④はこれも難しいですが、8C16Tあれば、あとはシングルスレッド性能が高いCPUを選んだ方がよいです。そう考えると、ワークステーションはよほど投資をしない限りフィギュアを作るだけであれば不要と思います。

<<<2020/12/10追記

もし、安上がりな方法をお探しでしたら、ヤフオクでHPのZ440ワークステーションを探すと掘り出し物があるかもです。発端は最近、信頼あるPCが欲しくなりZ440を入手したのですが、手元にあったi9-9900Kと変わらない効率でZBrushが使えることがわかりました。

私が入手したスペックは、CPU:Xeon E5-1650V4 3.2GHz-4.0GHz 6C12T、メモリ32GB、ディスク500GB(SSD)だったのですが、6万円台で手に入ってます。

さすがに、モデリング時に全体を出しながら作業しているとカクツキますが、デシメーションマスターなど使うときにはi9が46秒の時、1650V4は52秒で終わっていて、こういうところが早いなと感じてます。

まあ、私が入手したZ440は初期不良があって交換してもらったのですが、ヤフオクでもできれば保証のある出品者さんを探して入手した方が良いです。

導入後のメモリ増設もスロットが8つと多いため心配無用ですし、ヤフオクでレンタルアップサーバの放出でメモリを調達するとメモリ容量が大きくても安いです。

もちろん、GPUも専用の電源(6pin×2)が最初から用意してあって、よいものが選択できます。

それと、CPUの選択肢が広くかつ、安いのも魅力です。E5-1620V4の4コアから、E5-1680V4の8コア(これらは4.0GHzまで動作するものあり)、果てはE5-2699 V4の22コア(これは2.2-3.6GHzまで)まで、作業の内容で広範囲に選ぶことができます。(おすすめは、8コア~16コアで3.5GHzを超えるE5-1660V4,E5-2697AV4あたり)なお、CPUの世代は第5世代、2016~年製となるので古いといえば古いです。

落札時の注意点は、HDD増設ベイにキャリアがついているものを選んだ方が良いというところでしょうか。(下の図参照)または、最初からHDDが2つ搭載されているものを選ぶと間違いなく、ついていると思います(少々お高くなります)。HDDが2つ搭載できるとRAIDが組めたりして(すぐに1作品1ファイル1GBを超える・・・これを毎日バックアップしていくと数百GBなんてあっという間です)作品の貯蔵庫にしたり、また使い勝手が良くなります。

HP Z440内部で注意すべき箇所

もう一つ書き忘れました。こういう流通在庫が多い(企業が買う)ものを買っておくと、故障したときの部品が比較的安く、入手しやすいのも魅力です。本体が破損しても、本体まるごと安く買えばSSDの換装だけで仕事が継続できるかも?しれません。

この話も参考になると幸いです。

2020/12/10追記終わり>>>

<<<2020/12/29追記

ZBrushで最適なCPUコア数の話です。

私が試した中では(100Mポリゴンにて)E5-1650V4の6C12Tではちょっと足りず、i9-9900Kの8C16Tでなんとか、E5-2697AV4の16C16T(HTオフ)でスルスル(2C余裕あり)ですね。16C32T(HTオン)だと余裕が在りすぎて(シングル性能が)逆に遅いです。

なので、E5-2689V4(3.1-3.8GHz10C20T)とかフルコア3.7GHzで動くらしいし、どうかなぁ。と思いますが、また試したら掲載の予定です。。でも7万円かぁ。

2020/12/29追記終わり>>>

<<<2021/02/07追記

E5-2689V4をebayから安く購入しました。結果的には100Mポリゴンでもスルスル(そりゃE5-2697AV4の32Tには勝てませんが)で、前評判通りフルコアで3.7GHz出てるので何でもが速いですね。値段が今のところまだ高いですが、見つけたら購入して良いと思います。(CPU7万+HP Z440本体6万、まあ最初からRyzen9 3950Xの中古買えればそっちがいいかなぁ?でも、E5-2697AV4は今ならじゃんぱらで4.69万円で売ってる)

あと、これは主観ですがintelはi9よりもXEONの方が見た目性能が低くてもZBrushは速い傾向にありますね。使うデータ量も半端ないですし、おそらくメモリインターリーブが4本のためにCPU-メモリ間アクセスが速いのでしょう。ZBrushで画面がカクつくと操作時に余計な力が入って疲れるので、カクつかないのは結構重要ですよね。

2021/02/07追記終わり>>>